本記事はこのような方に向けて書いてます。

  • 1日1食は太ると言われ気になる方
  • 1日1食ダイエットをやってみようと思っている方

『「1日1食は太る」というのを聞いたけど・・・本当のところはどうなの?』と、疑問に思っている方も多いと思います。今回は1日1食は太るのか?という疑問にお答えするとともに、太る食事に関して解説していきたいと思います。

1日1食は太るのか?答えは『食べるカロリーによる』!

「1日1食は太るのか?」この疑問の答えは食べている量に依存するということです。

体重の増減はすごくシンプルに考えると、カロリー収支がプラスに傾くか、マイナスに傾くかです。

1日の消費が1600kcalのところ1300kcalの摂取であれば、減っていく事が予想されます、2000kcalの摂取であれば増えていく事が予想されます。

1日1食はおすすめできない!栄養管理がしづらくなってしまう

トレーナーとしてできる限り負担をかけずに、ボディメイクを指導している立場から「1日1食」でダイエットを行うのは良いか?悪いか?の質問をされた場合は「おすすめしない」という回答をします。

というのも1日1食では

→ 必要な栄養素の摂取が難しい
→ 食事から次の食事までの間に栄養不足の時間が長時間続く

という状況になってしまうことが想定されます。これはダイエットを行う上で非常にデメリットとなります。

必要な栄養素の摂取が難しい

1日1食の場合、1日に摂取するべき栄養素を摂取するのが難しいです。

必要な栄養素を取るための食事量も難しいですし、食べられても体に吸収される前に便として排出されてしまいます。

この理由から必要な栄養素の摂取が難しいのです。

食事から次の食事までの間に栄養不足の時間が長時間続く

食間が長時間空く事で、血中の栄養素が不足します。そのような時は体は自らを栄養素にするために筋肉を分解してしまいす。

見栄えの良い体は極力筋肉は残し、脂肪を落とす事が必要です。また筋肉を落としてしますと、リバウンドしやすくダイエットしにくい体になってしまいます。

なので食感が空きすぎてしまうことも、ダイエットやボディメイクの観点から見て良いことと言えません。

ダイエットのために1日1食にするならば

ダイエットのために1日1食にするならば、必要な栄養素を計算し食事をしっかり食べながら脂肪を落としていく方法をおすすめします。

三大栄養素を必要量しっかりとり、あわせて運動も行えると筋肉量を維持し脂肪を減少させる事ができます。

正しいダイエットの手順はこちら

まとめ

目的は様々だと思いますが、ダイエット目的で1日1食にすることはおすすめできません。

栄養素の偏りや、不足が考えられる事が理由です。