ゼロカロリーやカロリーオフの製品に必ず使用されている人工甘味料

甘いものを食べると血糖値が上がり糖尿病のリスクが高まるため、ゼロカロリーであったとしてもあまりドカ食いできないと心配になりますよね。

甘いものは食べたい!けど血糖値は上げたくない・・・

そう思っていると、

果たして、ゼロカロリー商品の人工甘味料は血糖値を上げるのか?

という疑問が沸きあがりますね。

そこで、今回は管理栄養士の私が、人工甘味料についてわかりやすく解説していきたいと思います。

私個人の判断になりますが、エビデンスのある情報のみを参考にしていますので、参考程度に読んでいただければ幸いです!

人工甘味料が血糖値を上げるかどうかについての解説をすぐに読みたい方はこちらをクリックしてスクロールしてくださいね。

そもそも人工甘味料とは?

人工甘味料は、名前の通り人の手によって人工的に作られた甘味料であり、とてもたくさんの種類が存在しています。

人工甘味料は天然には存在しない甘味料のこと

人工甘味料は人工的に合成された甘味料のことをいい、自然界には存在していません。

人工甘味料は私たちの身体では消化・吸収できないので、身体に蓄積されるかそのまま排泄されるのが特徴のひとつです。

過去にも多くの人工甘味料が存在していましたが、健康に害があるとして使用を禁止されたものもあります。

現在日本で認可されている人工甘味料については次項で詳しくお伝えしますが、生涯常飲しても健康に問題はないとされています。

人工甘味料の種類と使用例

現在、日本で使用が認められているのは以下の7種類(※)です。

日本で認められている人工甘味料全7種類

・アセスルファムカリウム
・アスパルテーム
・キシリトール
・グリチルリチン酸二ナトリウム
・サッカリン
・サッカリンナトリウム
・スクラロース

人工甘味料全7種類の使われている例

アセスルファムカリウム・お菓子
・チューイングガム
アスパルテーム・カロリーゼロ、糖質オフの商品
キシリトール・ガム
グリチルリチン酸二ナトリウム・醤油
・みそ
サッカリン・アイス
・お菓子
サッカリンナトリウム・歯磨き粉
スクラロース・カロリーゼロ、糖質オフの商品

人工甘味料はどれも砂糖の数百倍の甘さがあり少量の使用で済むため、コスト削減として砂糖の代わりにしている食品がとても多いです。

(※)厚生労働省HP参照

人工甘味料は血糖値を上昇させない!

「人工甘味料ってすごく甘いけど、本当に血糖値をあげないの?」という疑問を耳にする機会がよくあります。

血糖とは、身体に吸収されたブドウ糖が血液中に入った状態です。
その一方で、人工甘味料は身体に吸収されません。

つまり、「身体に吸収されない人工甘味料によって血糖値が上昇することはない」ということになります。

このメカニズムを利用して数多く作られているのが、カロリーオフや糖質オフを謳う食品やドリンクです。

【ゼロカロリーの落とし穴】人工甘味料は痩せる?

画像引用:知っ得情報Weekly

人気を集めているゼロカロリー・カロリーオフの食品やドリンク。

通常では糖質が多いコーラのような炭酸飲料が、ダイエット中でも罪悪感なく飲めて大ハマりしている方も多いのでは?

ゼロカロリーやカロリーオフドリンクの原材料を見ると、中には「人工甘味料」の文字があります。

気になって早速ググってみます。

「飲んだら太る」「身体によくない」

出てくるのはマイナスな言葉ばかりで不安になりますよね。

ゼロカロリーなのに太る?
人工甘味料って身体に害があるの?

人工甘味料にまつわる皆さんの気になることを、徹底的に調べた結果を下記のようにまとめました!

人工甘味料|現役栄養士まとめ

1. 人工甘味料でカロリー・糖質は間違いなくダウンする
2. 知らない間に食欲が増えてしまう可能性がある
3. 人工甘味料は、食事改善のなかに上手に取り入れればダイエットサポートには強い味方!

説明していきます!

1.    人工甘味料でカロリー・糖質は間違いなくダウンする

先述しましたが、人工甘味料は身体に吸収されることはありません。

通常ジュースの甘味として添加される糖類は、身体に即効吸収されるブドウ糖や果糖が多いです。

ゼロカロリーの商品は、そのブドウ糖や果糖を、吸収されることのない人工甘味料に置き換えているため、カロリー・糖質は間違いなく減少しています。

身体に即吸収はされないのに、なぜ人工甘味料を摂ると太ってしまうのでしょうか。

原因は脳の錯覚による無意識の行動にありました。

2.    知らない間に食欲が増えてしまう可能性がある

人工甘味料が食欲を増進させるメカニズム

①人工甘味料の食品・飲料を身体に入れる
②脳が 「こんなに甘いものが身体に入ってきているのに、なんで大好きなブドウ糖が増えないの?!」 とパニックになる
③体がブドウ糖を欲する
④無意識のうちの甘いものが食べたくなり食欲が増進する

私たちの脳は糖質が大好きで、甘味に依存しやすい性質があります。

血糖が下がってきてエネルギーが不足したとき、糖質を摂取すれば脳は満足できるのですが、人工甘味料は砂糖より何百倍も甘いのに吸収されることがないので血糖値があがりません。

「こんなに甘いものが身体に入ってきているのに、なんで大好きなブドウ糖が増えないの?!」と脳は軽いパニックに陥ります。

すると脳はただ甘いだけの人工甘味料に満足できず、さらにブドウ糖を求めるようになり、知らない間に食欲が増してしまうという悪循環になりやすいです。

3.    人工甘味料は、食事改善のなかに上手に取り入れればダイエットサポートには強い味方!

食欲が増してしまう可能性を考慮したうえで、人工甘味料を使用したゼロカロリー・カロリーオフのドリンクを摂ることをおすすめします。

ゼロカロリー商品で確実に得られるメリット

・摂取カロリーが減る
・血糖値があがらない

ゼロカロリー商品のうち、上記2点のメリットは間違いないので、デメリットを把握した上で使用すればダイエットの強い味方になります。

ゼロカロリー商品のデメリット

・食欲が増進しやすい
・甘味に依存しやすい体質が助長される

ただし、3食すべてゼロカロリーのドリンクに置き換える、など過剰な方法はアウトです!食事はきちんと管理したうえ、ゼロカロリーのドリンクを取り入れてくださいね。

人工甘味料は身体に害はないって本当?

「人工甘味料には発がん性がある」
「人工甘味料で糖尿病を誘引する可能性がある」

このような噂は本当なのでしょうか?

人工甘味料が身体に与える影響をまとめた結果が以下です。

人工甘味料が体に与える影響

1. 人工甘味料は身体に吸収されない
2. 人工甘味料が脳に与えるのは「甘味への依存」
3. 人工甘味料は害がないとは言い切れない

ひとつひとつみていきましょう!

1.    人工甘味料は身体に吸収されない

何度も言いますが、人工甘味料は身体で吸収されません。

アスセルファムK(ゼロカロリーコーラなどに使われている人工甘味料)などはそのまま尿中に排泄されるようですが、吸収できないので腸内に貯まっていくものが多いです。

そのため腸内環境が汚染され、下痢症状に悩まされることがあります。

チューイングガムなどで「一度にたくさん食べるとお腹が緩くなることがあります」という注意書きは、人工甘味料が吸収できない成分であることに起因していたのです。

2.    人工甘味料が脳に与えるのは「甘味への依存」

砂糖の数百倍の甘さを持つ人工甘味料は、脳を騙す力があります。

ブドウ糖を好む脳は甘味が大好きです。

とっても甘い人工甘味料を食べても、甘味の強さのわりにエネルギー源のブドウ糖が供給されないので満足できません。

その結果、「もっと甘い物が欲しい!もっともっと!」と脳は中毒症状を引き起こします。

実際にラットを被検体に行った実験では、人工甘味料を摂取したラットのほうが太りやすいという結果がでています。

3.    人工甘味料は害がないとは言い切れない

人工甘味料は身体に害がないとは言い切れません。

ただし、厚生労働省では科学的根拠に基づいて人工甘味料の使用を認可しています。

使用量の限度量も定められ、忠実に守って各メーカーで作製していることも事実です。

まだまだ研究の必要がある人工甘味料については、今後新しくわかることがあれば追記していきますね!

結論:血糖値あげたくないけど人工甘味料が気になるならば天然甘味料を使用すべし

血糖値は気になる、糖質制限中で砂糖を摂りたくない・・・でも身体を思うと人工甘味料は摂取したくない!

そんな場合は、天然甘味料で糖質・カロリーゼロの

  • ラカント
  • ステビア

をおすすめします。砂糖と似たような甘さで使いやすいですし、なにより自然の植物由来なので身体にやさしいです。

加熱しても変質などないので、煮物やお菓子作りにも使えます!

まとめ

人工甘味料は血糖値をあげることはありませんが、脳の甘味に対する依存性を高める可能性は高いです。

また、脳が錯覚を受けてしまい食欲が増すかもしれないという事実を頭にいれておき、知らないうちに食べ過ぎてしまうことがないように注意しましょう。

人工甘味料は日常的に摂取しても影響はないと国で認可されているものばかりですが、まだまだ研究が不十分でリスクは未知数であると感じます。

不安な方は天然甘味料のラカント、ステビアの使用がおすすめです。