食事制限のストレスを乗り越えるためにダイエット中に「チートデイ」を設けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

チートデイとは、

  • 停滞期を乗り越えるため
  • 食事制限のストレスを軽減するため

に、好きなものを好きなだけ食べても良いといわれている日のことです。

ところが、「チートデイを実践したけど太った…」「チートデイでたくさん食べて痩せるなんて信じられない!」という声が多く聞こえてきます。

「チートデイで停滞期を乗り越えられる」という話は嘘なのでしょうか?

今回は、チートデイで停滞期を乗り越えられるといわれる理由とチートデイで失敗しないための正しいやり方について、管理栄養士がご紹介します。

チートデイは嘘?失敗した人々の声

停滞期に陥ってチートデイを実践したところ、太っただけで終わってしまったという悲しい声が散見されました。

また、チートデイを実践したものの、失敗してしまったという声も。

チートデイで痩せられるという話は嘘なのでしょうか?

チートデイが痩せるといわれる理由:停滞期を突破できるから

そもそも、チートデイ最大の目的は「停滞期の突破」です。

ダイエット中の停滞期を突破することによって代謝をアップし、再び体重を落ちやすくすることがチートデイの最大の目的なのです。

そもそも停滞期ってなに?

ダイエットをはじめて順調に減っていた体重が、一定のところからなかなか減らなくなってしまうときがあります。

それがいわゆる「停滞期」です。

停滞期は、身体が生き延びようとする本能が働くために起こります。

食事制限により摂取カロリーを減らすと、相対的に消費カロリーが増え体重は減少します。

しかし、摂取カロリーと体重が減少することにより脳が「飢餓状態である」と勘違いをし、生命を維持しようと代謝を下げて消費カロリーを減らすのです。

すると、摂取カロリーと消費カロリーの差が小さくなるため、体重が減りにくくなるというわけです。

チートデイで身体を「騙す」

チートデイの「チート(cheat)」には、「騙す」という意味があります。

その言葉の通り、チートデイは停滞期に陥った身体を騙すために取り入れます。

厳しい食事制限をして体重が落ちにくくなった身体は、摂取カロリーが少ないために代謝が落ちている状態です。

そこで、チートデイに食べ物をたくさん食べて摂取カロリーを増やし、身体に「飢餓状態ではない」と判断させるのです。

そうすることで下がった代謝を回復させ、停滞期を乗り切れるというわけです。

チートデイは嘘じゃない!ダイエット失敗に繋がる誤解

「停滞期を乗り切るために、チートデイは好きなものを好きなだけ食べても良い!」と考えている方も多いと思います。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

実はその認識にこそ、ダイエット失敗につながるチートデイへの誤解があったのです。

多くの方が陥りがちなチートデイの誤解についてみていきましょう。

チートデイの誤解1:好きなものを好きなだけ食べてもいいと思っている

チートデイを設ける場合、

1週間のうち6日は食事制限を徹底し、残り1日は好きなものを好きなだけ食べても良い

というルールで実践する方が多いでしょう。

しかし、チートデイだからといって「好きなものを好きなだけ食べる」ことはおすすめできません。

自分の好きなものだけを食べていると、栄養バランスが偏ってしまう可能性が高くなります。

余分に摂取した糖質や脂質、身体に溜まった脂肪を燃焼するためには、代謝をサポートするためのビタミン・ミネラルが必要不可欠です。

栄養バランスが崩れることで、代謝が悪くなってダイエットが効率よく進みません。

また、好きなだけ食べていると1日の摂取カロリーの目安を大きくオーバーし、せっかく6日間努力した食事制限の効果を減少させてしまう可能性も高まります。

さらに、大量の食べ物を食べることで胃の容量が大きくなったり、脳がより多くの糖質や脂質を欲することにつながり、その後の食事制限がツラくなる原因にもなるのです。

チートデイの誤解2:チートデイを設けないと停滞期を乗り越えられないと思っている

ダイエットをしていて停滞期が来ると「チートデイを作らないと…」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、停滞期だからといってすべての人が「必ずチートデイを設けなければいけない」と考えるのは間違いです。

チートデイを設けることで停滞期を乗り越えられるのは、厳しいカロリー制限でダイエットをしている方です。

先ほども説明した通り、チートデイは身体が飢餓状態に陥っていると勘違いして代謝を下げた脳を騙すことで、停滞期を乗り切る方法です。

そのため、そもそも脳が飢餓状態だと判断していない人がチートデイを実践すれば、単純に摂取カロリーが増えてダイエットには逆効果になってしまうのです。

つまり、チートデイは停滞期に必ず設けなければいけないわけではなく、厳しいカロリー制限で痩せようとしている人が停滞期に陥ったときに、その効果を発揮してくれるのです。

チートデイ以外の方法で停滞期を乗り切るには?

運動やトレーニングを中心にダイエットをしている方が停滞期に陥った場合は、筋肉が増えたことで一時的に体重の減少が停滞していることが考えられます。

その場合は焦ってチートデイを設けるのではなく、気持ちに余裕を持って運動やトレーニングを継続すると良いでしょう。

チートデイの正しいやり方

ここまで、チートデイに関する誤解とダイエット失敗につながる理由をご紹介しました。

しかし、チートデイそのものの効果がすべて嘘なのかというと、そうではありません。

チートデイを正しい方法で実践することで、効果的に停滞期を乗り切ってダイエット成功へと近づくことができます。

ダイエットを成功させるためのチートデイの正しいやり方をみていきましょう。

チートデイでも食事バランスを意識する

ダイエット中には代謝を上げることが大切です。

それはチートデイでも例外ではありません。

チートデイでも代謝を維持・向上させるためには、食事バランスを整える必要があります。

糖質・タンパク質・脂質のバランスを考えるとともに、ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素もしっかり摂りましょう。

代謝をサポートしてくれるビタミン・ミネラルは、肉や魚介、大豆製品などのタンパク質食品をはじめ、にんじんやパプリカ、トマト、かぼちゃ、水菜などの緑黄色野菜、きのこ、海藻類、フルーツなどに多く含まれています。

様々な種類の食品を毎日少しずつ取り入れると良いですね。

チートデイに食べる好きなものは適量に抑える

ダイエットのために食事制限を続けるには、適度にストレス発散することも大切です。

理想の身体を目指すためとはいえ、長期間に渡って好きな食べ物をガマンし続けるのは非常に大変です。

そこで、チートデイには好きな食べ物を食べても良いというルールにすると良いでしょう。

ただし、食べる量には注意が必要です。

1日の食事バランスを意識しつつ、好きな食べ物を「適度に」取り入れるという意識が大切です。

チートデイとはいえ、ダイエット中にやみくもに食べ過ぎるのはNGです。

「チートデイだから」と食べるための言い訳にせずに、上手に好きなものを取り入れましょう。

チートデイ以外の日の食事制限を厳しくしすぎない

ダイエットを効果的に進めるためには、ある程度の食事制限も必要です。

しかし、食事制限を厳しくしすぎるのはNGです。

そもそも「ダイエット」とは「健康的な食習慣」のことを意味します。

つまり、習慣的に続けられる食事でなければ正しいダイエットとはいえません。

チートデイを設ける場合、それ以外の日はダイエットのために食事制限を行います。

しかし、厳しすぎる食事制限は長続きしませんし、チートデイのドカ食いやダイエット自体の挫折にも繋がります。

適切な食事制限にすることでチートデイの無計画なドカ食いを防ぐことにも繋がり、結果的にダイエット成功への近道となるのです。

短期間で痩せることができたとしても、その後リバウンドしてしまっては意味がありません。

毎日の食事が自分の身体を作ることを忘れず、適切な食事制限をしましょう。

まとめ:チートデイを正しく実践して停滞期を乗り切りましょう!

「停滞期を乗り切れるのは嘘」といわれることがあるチートデイですが、正しいやり方で取り入れればダイエットに効果的であることがわかりました。

好きなものを食べても良いチートデイとはいえ、食べ過ぎや栄養バランスの方よりは避けたいものです。

チートデイを正しく実践して、理想の身体を目指しましょう!