ダイエットを始めると何を食べれば良いか迷いますよね。

ダイエット中に餃子が食べられたら良いのにな〜。

このように思う方も多いと思います。

結論ダイエット中にも餃子は食べてOKです。

ではダイエット中にどのように餃子を食べるとダイエットに良いか、食べる場合の注意点など紹介していきます。 

ダイエット中の餃子は食べてOK! 

ダイエットではカロリーと共に三大栄養素のバランス(PFCバランス)が大切ですが、餃子は全ての栄養素を含んでいる食材です。 

ただ餃子は脂質が多めなので、気をつけなければいけないポイントです。 

こちらの餃子は脂質量も1個あたり0.3gなので脂質も気にせず食べられます。 

画像引用 amazon 

一般的な餃子は5つで 236kcal  脂質は約10g! 

一般的な餃子も食べる量を意識すれば問題ないですね。 

ダイエット中は何個食べて良い?5個上限を目安にして!

具体的にどのくらいの量を食べて良いか気になりますよね。 

こちらに体重と体脂肪率を入力するとローファットダイエット時の必要エネルギーが計算できます。 

摂取目標量からダイエット時にどのくらい食べられるか把握しましょう。 

メモ

1日の脂質目標量が30gだった場合 
一般の餃子の場合→5個が上限
マッスル餃子の場合→30個が上限

水餃子がお勧め

餃子を食べる場合は水餃子がおすすめです。 

焼き餃子の場合脂質量が増加する可能性があります。

余分な脂質の摂取はダイエットにはマイナスに働きます。 

セットでお米は食べて良い? 

一般的な餃子は5個で約30gの糖質量です。 

先ほどの計算機で算出された目標摂取量からどのくらいのお米を食べるか決定しましょう。

炊飯済みのお米は100gで約40gの糖質量です! 

ダイエット中の根本的な疑問 

餃子を食べて良いことは理解していただけたと思います。

では他にどのようなものを食べて良いの?と思う方もいると思います。 

結論ダイエット中は先ほどの計算機で算出された栄養摂取量を目安にしてください。 

その目標量から極端に離れなければ何を食べてもOKです! 

まとめ:餃子は5個を目安にしよう!

ダイエット中の餃子は食べてOK! 

一般的な餃子ならば目標摂取量にもよりますが5個前後を目安にしましょう。 

脂質が低いダイエット向きの餃子も販売されているので上手い事使えるとダイエットでの我慢も最小限に抑えることができますね。