ダイエットをするとき、食事制限を取り入れる方は多いですよね。

しかし、「ダイエット中に食べると効率よく痩せることができる食品」について知っている方は、少ないのではないでしょうか。

本記事では、ダイエットをサポートしてくれる「脂肪燃焼効果の高い食べ物」について、管理栄養士が独自の視点から紹介しています。

手軽に取り入れられるように、コンビニで販売している製品からもピックアップしていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ダイエット中の食事は「制限」ではなく「改善」です。

太ってしまったこれまでの食事から、効率よくエネルギー代謝を回すことができる太りにくい食事へと改善していきましょう!

脂肪の燃焼を促す食べ物9選

さっそく、脂肪燃焼効果のある食べ物を紹介していこうと思います。

ただ紹介するだけでなく、効果があがりやすい調理法もお伝えしていますので、日々のダイエットにお役立てください!

ラム肉

ラム肉には良質なタンパク質だけでなくL-カルニチンという脂肪代謝に重要なアミノ酸成分が豊富に含まれています。

Lカルニチンは筋肉に多く存在していて、脂質からエネルギーを作り出す際に必要不可欠です。

まさに脂肪燃焼を促進する成分になりますが、加齢にともない減少することがわかっています。

30代を過ぎると体質が変わったように痩せにくくなるのは、Lカルニチンの保有量も関係しています。

ラム肉を扱っているスーパーは多くはないので、ラム肉が手に入らない!という方は次におすすめするお肉を検討してください!

牛肉の赤身

ラム肉の次にLカルニチンが多いのが牛肉の赤身の部分です。

とくに、ヒレがおすすめ!

基本的に歯ごたえを感じる部位は筋肉量が豊富なので、タンパク量・Lカルニチン量ともに高くなっています。

また、牛肉にはビタミンB6もたっぷりと含まれています。

ビタミンB6は体内でのタンパク質の代謝にかかわっていて、食べた分をスムーズにエネルギーへ変換します。

牛肉赤みの食べ方・調理方法

煮ると水溶性のビタミンB6が流出してしまうので、ガーリックと塩・コショウでシンプルにステーキにして食べることをおすすめします。

ササミ

ササミには100ℊ当たりに約23ℊのタンパク質が含まれています。

タンパク質はダイエット中の代謝を維持するために欠かせない栄養素です。

過度なカロリー制限でタンパク質が不足すれば、体内の筋肉量が減ってしまい、代謝もダウンしていくので痩せにくい身体へシフトしてしまいます。

どのお肉もタンパク質は豊富なのですが、脂質も高いために食べ過ぎは肥満につながります。

そんな中、ササミはとてもヘルシーで、100ℊ当たり約1ℊの脂質しか含んでいません。

日常的なタンパク質摂取におすすめの食べ物です!

鮭にはオメガ3脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸は身体に必須であり、血液中のコレステロールを調整する働きがあります。とくにEPAには血液をサラサラにする効果があり、ダイエット中の大敵である冷え症の改善にもつながりやすいですよ。

また、鮭のオレンジ色の要因にもなっているアスタキサンチンには抗酸化作用もあり、身体がサビるのを防ぎます。

アスタキサンチンを摂取してから運動を行うと、脂質をエネルギーとして利用しやすくなるという研究結果もありました。

購入する際は塩鮭ではなく、生鮭を選びましょう♪ダイエット中に塩分はできる限り控えたいところ。

鮭の食べ方・調理方法

少しの塩とカレー粉や山椒などスパイスを効かせた調理法がおすすめです。

マグロ

マグロは、タンパク質が豊富なうえにビタミンB群がたっぷりと含まれています。

ビタミンB群は、糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポートしているビタミンで、しっかりと補うことで体内の燃焼率は向上します。

ただし、マグロのような巨大魚には水銀が含まれているので、妊娠中の方や小さなお子さんは過剰に摂取することは控えましょう。ただし、お刺身一人前を一週間に2,3回ほどであれば大丈夫ですよ♪

鮭の食べ方・調理方法

少しの塩とカレー粉や山椒などスパイスを効かせた調理法がおすすめです。

穀物(玄米、オーツ麦、キヌアなど)

ダイエット中に避けられがちな糖質ですが、適量摂取は脂肪燃焼を促進します。

また、過度な糖質制限などで身体に必要な糖質が足らなくなると、筋肉を分解して糖質をつくりだし、脳や赤血球のエネルギー源として利用します。

代謝のほとんどが筋肉によるものなので、ある程度の糖質は摂取してあげましょう。

穀類に含まれるビタミンB1は、糖質を効率よくエネルギーに変換する働きがあるほか、食物繊維も多いので血糖値があがりにくく、ダイエット中の糖質源としておすすめです。

トマト

リコピンがたくさん含まれているトマト♪リコピンは抗酸化作用が強く、美容にも適していると人気があります。

他にも、トマトには中性脂肪を燃焼してエネルギーに変換する成分も含まれているため、美しく身体を引き締めたい女性の方におすすめです。

また、トマトにはビタミン類やミネラル類もあり、体内の代謝を上手にサポートしてくれます。

トマトの食べ方・調理方法

ミニトマトの栄養価も高いため、おやつ代わりにつまむのはおすすめです!

黒にんにく

にんにくを熟成させた黒にんにくには、

  • 抗酸化作用
  • 細胞の癌化抑制
  • アドレナリン分泌の促進

などの効果があります。

抗酸化作用は身体の酸化を防ぐためアンチエイジングにつながりますし、Sアリルステインは細胞の癌化を防ぐため、健康効果がとても高いです。

そして唐辛子と同様にアドレナリンの分泌を促し、身体の脂肪細胞を燃焼させる作用もあります。

また、アミノ酸も豊富に含んでいるので、ダイエット中には非常におすすめの食べ物です。

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーに含まれているカフェインには脂肪燃焼作用があると言われています。

ブラックコーヒーの飲み方・調理方法

有酸素運動をするおおよそ1時間前にコップ一杯ほどを飲むと効果が出やすいです。
また、食後の血糖値の上昇を抑える働きもあるため、食後のホットコーヒーもおすすめです。

コンビニで脂肪燃焼を促す食べ物!手軽に食べられておすすめ

脂肪燃焼効果のある食べ物について紹介してきましたが、身近なコンビ二で手軽に食べられたらいいなーなんて思いませんか?

調理いらずの手間いらずで、手軽に脂肪燃焼効果の高い食べ物を食べましょう♪

ランキング形式でいきますので、気になる方は要チェックです。

【1位】セブンイレブン:サラダフィッシュ(サーモン、サバ、マグロ)

画像出典: https://www.sej.co.jp/i/item/300108252523.html

セブンイレブンのサラダフィッシュは、魚を手軽に食べられるのでおすすめ。

調理がめんどくさがられがちな魚が簡単に食べられるメリットは大きいです。

サーモン・サバ・マグロの3種類があり、どれもタンパク質が豊富でDHA・EPAを含むため、ダイエットに最適の商品ですね。

【2位】ローソン:プロフィットSASAMI

画像出典: https://www.lawson.co.jp/lab/natural/art/1374638_5111.html

ローソンでは、低カロリー・高タンパク質のササミの商品がおいてあります。

サイズも小さく落ち運びしやすく、運動後のタンパク質摂取にも活用しやすいです!

【3位】ローソンのおいしい玄米にぎり

画像出典: https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1362704_2504.html

ローソンには玄米でつくったおにぎりシリーズ「おいしい玄米にぎり」が販売されています。玄米の歯ごたえと香ばしさと、数種類の具材がマッチして美味しいですよ♪

玄米で適量の糖質・食物繊維・ビタミンを摂取できます。

【4位】サラダチキン

最近ではどこのスーパーやコンビニでも販売されているサラダチキン。

低カロリー・高タンパク質でおすすめなのですが、パックを開けるとすごい量の汁が出てくる点は注意してください

サイズが大きく、そのままでは食べにくいため、一緒にサラダを買って載せて食べると食べやすいですよ♪

まとめ

脂肪燃焼効果が高い食べ物について説明してきました。

  • トマト
  • 黒にんにく
  • ブラックコーヒー

など、管理栄養士が食品の栄養素に基づいて紹介してきました。

ただ、紹介した食べ物ばかりを食べるのではなく「普段の食事に取り入れる」ことを意識してくださいね。

何かに固執した食べ方は栄養バランスが悪く、痩せにくい身体になってしまいます。

コンビニにも手軽に摂れる脂肪燃焼を促す食べ物が販売されていますので、上手に食べてダイエットを成功させましょう。