「あの人、たくさん食べているように見えるけど全然太らない…なんで!?ずるい!」

このようなことを思ったことはありませんか?食べても食べても痩せているように見える人っていますよね。しかも、何か特別痩せる努力をしているようには見えない…不思議じゃありませんか?今回は、

  • 太らない人たちはどうして?と思っている方
  • 太らない体質を手に入れる方法を知りたい方

に向けて、太らない体になるためにはどのような習慣が必要か?太らない人たちはどうしているの?という疑問をこの記事で解決・解説していきたいと思います。

太らない体の人はいるけど…特異体質!

疑問にまずお答えすると、太りにくい体の方はいます。よくテレビに出ているような大食いの方などはまさにそうですね。

基本は消費カロリーを摂取カロリーが上回る事で脂肪蓄積につながります。大食いの方は摂取カロリーが明らかに上回っていますが太っていない方が多いです。

それは栄養素が体に吸収される前に 排出 している事により、脂肪蓄積が起こっていないと言われています。

特異体質ですね!では特異体質でない人はどのようにして太らない体を手に入れているのでしょうか?

太らない人と太る人には圧倒的に習慣の違いがある?食事・運動習慣・飲酒に分けて考えよう

太る人と、太らない人では習慣の違いが圧倒的にあります。食事の内容、運動量、飲酒に差が見られます。

食事習慣の違いは?太らない人は必要なカロリー分だけ食べている!

栄養摂取量は体重の増減にダイレクトに影響します。

太りやすい方は、噛まない・早食いなどで満腹感が低く必要以上に食事量が増えてしまう事があります。

自分自身の体が必要なカロリー以上に摂取しない事が太らない人の習慣です。

運動習慣の違いは?太りにくい人は運動習慣がある!

太りやすい人は運動量及び、筋肉量が低い事が多いです。

また、太りにくい方は運動習慣がある事で消費カロリーの確保、筋肉量が増加しやすい事からカロリー摂取が増えてもその分、脂肪として体に蓄積しにくいという傾向があります。

飲酒の違いは?太りにくい人は飲酒をあまりしない!

飲酒の有無は脂肪量の増減にリンクしやすいです。

飲酒する事で、空腹感を感じやすく必要以上に食事量が増えてしまう事があります。

またアルコールを代謝する過程で、ビタミンの消費が多くなります。本来使うべきところにビタミンが使われなくなります。

太らない体になるためにはダイエットの基本知識を蓄えよう

太らない体になるためには知識をつける事です。

知識がない事で、様々な情報に踊らされ自分自身の思考で判断できない事で、節制できなくなり楽な方へと流れていくのです。

知識があれば、要所要所で判断でき太らない選択をする事ができるのです。

何を参考にすれば良いか?

ダイエットの栄養摂取に関してはこちら

継続の方法はこちら

まとめ

太らない体は特異体質を除き、知識と習慣の差です。

太りやすい方は、知識が少ないがゆえ正しい決断を自分自身でできていないだけです!

知識をつける事で、自然に自分にとって正しい判断ができてきます。そうすれば習慣が変わり太らない体になっています。