お尻・太もも

下半身が太い!下半身太りを卒業するための簡単トレーニングを動画で解説♪

他の部分は痩せているのに、なぜか下半身だけが太い…。

そんなお悩み有りませんか?体質や遺伝、生活習慣などが原因によって下半身だけが太ってしまうことは、よくあることです。

デスクワークなどしている方は、ずっと座りっぱなしだったりするため、特に下半身太りしやすいと思います。

そんな、女性の身体づくりの悩みの中でも多い下半身太りについて、今回は「何をどのくらいやればいいか」を理解し実践していただけるように解説していきたいと思います。

本記事はこのような方に向けて書いてます

・下半身の太さが気になる方
・対策を知りたい方

現役パーソナルトレーナーの僕が自ら解説している記事なので、安心して実践して頂ければと思います。

結論、下半身太りを解消するためには、コンディショニングと筋トレを行う必要があります。

下半身太りを解消するために、

  1. コンディショニング
    =股関節周りの柔軟性を高め、筋肉の使い方を適切にする
  2. 筋トレ
    =痩せたい部位の脂肪を落としていく

という手順を踏んでいくと今まで下半身が痩せにくかった方も痩せていくでしょう。

現役パーソナルトレーナーの僕が自ら解説している記事なので、安心して実践して頂ければと思います。

この記事を読み終えると、下半身太りの原因が明確にわかり、美脚・美尻づくりに向けて動き出すことが出来ます。

下半身太りでお悩みの方、下半身太りは直せないと思っている方は是非最後まで読んで実践してみてくださいね。

下半身太りの対策は?まずはコンディショニングで環境を整える

下半身太りの対策は「余分な脂肪を落とすこと」「過剰に発達してしまった筋肉の張りをなくすこと」この二つが必要です。

この二つの要素に対策していくことで、下半身太り解消につなげる事ができます。

そして、下半身太り対策として第一に取り組むべきはコンディショニングです。

「え?筋トレをまずするべきじゃないの?」

と思う方も多いかもしれません。しかし、下半身太りしている方の多くは、単なる下半身の運動不足ではなく、そもそも「下半身に脂肪がつきやすい身体」になっていることが多いです。そのため、そのまま筋トレをはじめると、過剰に下半身に筋肉が付く可能性が高いのです。

下半身に脂肪がつきやすい身体というのは、遺伝でも体質でもなく、単なるコンディショニング不足ですので、改善することができます。

勿論筋トレも忘れてはなりません。下記、①②の流れで下半身の脂肪がなくなりやすい環境・脂肪がつきにくい環境を作っていきます。

股関節周りの環境を整えるSTEP

①コンディショニング
②筋トレ

下半身太りは重心の問題!コンディショニングで重心を適切に戻そう

筋トレよりも先に実践するべきであるコンディショニング。

「なぜ、先にコンディショニングを行うことで下半身太りが解消されるの?」

と、疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。

その答えは体の「重心」にあります。下半身太りしやすい方は、かかとに重心が寄っていることが多いと言われています。かかとに重心が寄ると、太もも裏やふくらはぎに余計な力が入るため、筋肉や脂肪がつきやすくなってしまいます。

このように、重心が適切でないと、過剰に働く筋肉ができてしまいます。その重心の不適切さを改善する方法がコンディショニングなのです。
ある部分の筋肉が過剰に働いてしまうと、反面、別の部分の筋肉は働かなくなります。そうすると、働かない筋肉の部分に脂肪がつき、見た目が太ってしまいます。

腿前の筋肉が張っていて、お尻から腿裏のあたりに多くの脂肪がついてしまう方は

  • 腿前の筋肉→過剰に活動している
  • 腿裏・お尻→活動量が低い

という状態です。なので、コンディショニングを行い

  • 腿前の筋肉→本来の活動量
  • 腿裏・お尻→本来の活動量

という状態にもっていきます。下半身太りを上記のコンディショニングで解消していきます。

なぜ、コンディショニングを行うことによって下半身太りが解消できるのか?コンディショニングを行うことによって、下記のようなフローで下半身太りが解消されていきます。

コンディショニングによる効果

  • コンディショニングを行う
    →効果:重心が適切な位置になる
  • 身体の力の入り方、筋肉の使い方が適切になる
    →効果:今まで力が入らなかった部位の筋肉を使うようになる
  • バランスの良い筋肉の付き方になる
    →効果:筋肉がつくことにより見た目が変化していく

【脱下半身太り】実践!コンディショニング種目!

下半身太りを解消するためのコンディショニングをピックアップしてご紹介していきます。

【脱下半身太り】コンディショニングの後は筋トレで脂肪を撃退!

腿前の筋肉が張ってしまって、お尻や腿裏にかけて脂肪がつきやすいタイプの方はこちらの筋トレを実践しましょう。

脂肪を落とすことも必要不可欠!

環境が整っていることも必要ですが、脂肪を減らすことも間違いなく必要です。

脂肪を減らすには、栄養素のコントロールが必要です。

詳しくはこちらの記事に記載しているのでご覧下さい。

まとめ

下半身太りには、単に食事でダイエットという訳ではなく変わる環境を作る事が必要です。

  • 腿前の筋肉→過剰に活動している
  • 腿裏・お尻→活動量が低い

という状態を、コンディショニングを行うことによって

  • 腿前の筋肉→本来の活動量
  • 腿裏・お尻→本来の活動量

と改善させ、バランスの良い体型を作り出していきましょう。

環境が整った上で、筋トレを行う事で筋トレの効果がしっかりと得られます。

また栄養素のコントロールも必要です。

栄養素のコントロールはコンディショニングと並行して行なっていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
山岸 慎

山岸 慎

【経歴】 21歳(大学在学中)から独立。 フリーランスとしてパーソナルトレーナーに。 横浜と広尾の大手フィットネスジムで経験を積み、着実にお客様を増やしていく。 24歳の時に友人と共同経営で渋谷区松濤のパーソナルトレーニングジムを設立 25歳で個人でも会社を立ち上げる。 現在は渋谷区南平台町のSTUDIOKOMPASを経営。 【一言コメント】 渋谷区南平台町のトレーニングジムSTUDIO KOMPASの代表の山岸です。 「変わる」を後押しする情報を発信しています! 現在は芸能事務所、音楽事務所とも提携していて、多くのタレントさん、モデルさんのボディメイクに携わっています。 STUDIO KOMPAS 東京都渋谷区南平台町13-11 南平台WEST地下102 ■パーソナルトレーニング ■グループトレーニング → ボディメイク → 生活習慣のコンサルタント

おすすめ

1

本記事は、ダイエットのロードマップ、実践編です。理論編をまだお読みでない方は、先に理論編をお読みください。 ▼合わせてチェックしたい! ダイエット完全攻略手順・理論編|基本の2ステップ BODYFAT ...

2

管理栄養士のひとこと産後太りをして中々体型が戻らない私が、今回BF30の山岸さんの記事を参考に1カ月間ダイエットをしました! 今回、現役管理栄養士でありながら中々自分の食事管理が出来ていなかった私が、 ...

3

「ケトジェニック って凄く効果がある」と聞くことも多いと思います。 ※ケトジェニックダイエットについてご存知ない方はこちらの記事を参考にしてください。簡単に言うと、「糖質制限を行うことによってケトン体 ...

4

BODYFAT30は、「体脂肪率30%前後の悩める女子のための応援メディア」です。 主にダイエット、ボディメイク、筋トレ、恋愛、仕事などの女性ならば誰もが気になるであろう関心事についてコンテンツを発信 ...

-お尻・太もも

© 2020 BODYFAT30