炭酸水を飲むだけで痩せられるという炭酸水ダイエット。実は、そんな炭酸水にレモンをいれることで効果がアップするというのです。炭酸水とレモンによって得られる効果と、レモン炭酸水ダイエットのやり方をご紹介します。

炭酸水ダイエットとは?

「炭酸水ダイエット」とは、炭酸水を飲むことでダイエット効果を得る方法です。

厳しい食事制限がなく、手軽にはじめられることから話題となったダイエット方法です。

そんな炭酸水ダイエットは、正しいやり方で実践すれば炭酸水だけでも効果が期待できますが、レモンをプラスすることで効果がアップするというのです。

そこで、炭酸水やレモンによって得られる効果と、レモン炭酸水ダイエットの正しいやり方、レモン炭酸水を選ぶときのポイントについてみていきましょう!

炭酸水ダイエットによって得られる効果

ゼロキロカロリー

炭酸水ダイエットでは、ダイエット効果だけでなく美容・健康にも嬉しい効果が期待できます。

まずは、炭酸水ダイエットで得られる効果についてみていきましょう。

満腹感がアップ

炭酸水は、普通の水よりも飲んだときに満腹感があります。

そのため、炭酸水を飲むことによって食欲が抑制され、食べ過ぎの防止につながります。

便秘解消

水分を十分に補給することで、腸に溜まった便がやわらかくなります。

さらに、炭酸水に含まれる炭酸ガスが胃腸を刺激するため、胃腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。

こうしたことから便通が良くなり、気になるポッコリお腹の解消にも役立ちます。

新陳代謝がアップ

炭酸水に含まれる炭酸ガスの正体は、二酸化炭素です。

炭酸水を飲むと二酸化炭素が身体に吸収され、血中の二酸化炭素濃度が上昇します。

二酸化炭素には血管を拡張させる作用がありますから、これによって血行が良くなるのです。

血行が良くなると身体の細胞への血液循環がスムーズになり、新陳代謝がアップします。

新陳代謝がアップすると老廃物の排出がよくなり、太りにくい身体に近づきます。

美肌効果

便秘が解消されたり新陳代謝がよくなったりすることによって、身体は老廃物の排出がスムーズになります。

すると、吹き出物やニキビといった肌トラブルが起きにくくなります。

さらに炭酸水を飲んで十分に水分が補給されることによって、肌の潤いをキープしやすくなります。

レモンが炭酸水ダイエットの効果をアップさせる?レモンの効果

炭酸水だけでも様々な効果が期待できることがわかりました。

そんな炭酸水にレモンをプラスすると、どのような効果が得られるのでしょうか?

レモンの効果についてみていきましょう。

脂肪燃焼効果

レモンにはクエン酸が豊富に含まれています。

クエン酸は体内でエネルギーを産生するために必要な物質で、糖質などの代謝をスムーズにしてくれます。

エネルギーを効率よくつくり出せるようになることで、身体に蓄積された脂肪の燃焼効果もアップするのです。

さらに、クエン酸にはカルシウムの吸収を促進する作用があります。

カルシウム不足は肥満の原因となるといわれており、カルシウムの吸収率を高めることは肥満予防につながります。

また、レモンの爽やかな香りのもととなる成分にリモネンがあります。

リモネンには血行促進作用があり、代謝を促進してくれます。

そのため、クエン酸とともに脂肪燃焼をサポートしてくれるというわけです。

美肌効果

タオルで汗を拭く女性

レモンといえばビタミンC、というイメージが強いのではないでしょうか?

ビタミンCは抗酸化作用が強く、アンチエイジング・美肌効果が期待できます。

さらに、ビタミンCは肌のハリを保つコラーゲンの生成を助け、シミのもとであるメラニンの生成を抑えてくれます。

また、レモンにはルチンやエリオシトリンというポリフェノールが含まれています。

これらは「レモンポリフェノール」と呼ばれており、強い抗酸化作用からアンチエイジング・美肌効果が期待できます。

さらに、毛細血管を強くして動脈硬化を予防したり、生活習慣病やガンの予防にも役立つといわれています。

ストレス軽減

レモンに含まれるクエン酸は、疲労物質である乳酸を分解するのにも役立ちます。

そのため疲労回復につながり、身体のストレスを軽減する効果が期待できます。

また、レモンの香り成分であるリモネンにはリラックス効果もあるため、ダイエット中の精神的ストレスの軽減にも役立ちます。

レモン炭酸水ダイエットのやり方

レモン炭酸水ダイエットのやり方は、いたって簡単です。

レモン炭酸水ダイエットのやり方

・食事の前に10~15分かけてレモン炭酸水を飲む
・1回に300ml~500mlずつ飲む
・空腹時や間食として飲む

レモン炭酸水ダイエットの基本ルールは、以上の3つです。

手軽にはじめられて厳しい食事制限がないことが、このレモン炭酸水ダイエットの魅力のひとつです。

とはいえ、レモン炭酸水を飲めば何をどれだけ食べても良いというわけではありません。

腹八分目を基準に、主食・主菜・副菜のバランスがとれた食事を意識してみましょう。

レモン入り炭酸水を選ぶポイント

「いざレモン炭酸水ダイエットをはじめよう!」と思ったとき、まず悩むのがレモン炭酸水の選び方ではないでしょうか?

このダイエットで飲むレモン炭酸水は、手作りがおすすめです。

できれば生のレモン、難しい場合には果汁100%のレモン汁を使用すると良いでしょう。

レモン炭酸水の作り方は非常にシンプルですから、簡単に作ることができます。

<材料>
・炭酸水(無糖) 300ml
・レモン 1/2~1個(レモン汁なら大さじ1~2)

<作り方>
・炭酸水にレモンを絞った果汁、または市販のレモン汁を加えて混ぜます。

以上のように、材料を用意して混ぜるだけで完成です!

炭酸水は無糖のものを使用するのがポイントです。

市販のレモン飲料は?

レモン炭酸水ダイエットを行うとき、「手軽に購入できるレモン飲料でも効果を得られるのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし結論からいうと、市販の甘いレモン飲料はNGです。

ビタミンCなどの栄養が添加されているものもありますが、レモン飲料は糖分が多くカロリーも高くなりがちです。

人工甘味料によってカロリーが抑えられている場合もありますが、甘いものを摂取することでさらに甘味が欲しくなるともいわれています。

▼人口甘味料について書かれた記事はこちら。合わせてチェック!
人口甘味料が入ったゼロキロカロリー商品のダイエット効果と注意点

ダイエット効果を期待して飲むのであれば、レモン飲料は避けたほうが良いでしょう。

また、市販のものでレモンのフレーバーがついた炭酸水もありますが、レモンの香料しかはいっていなかったり、入っていたとしてもレモンの分量が少なかったりします。

また、糖類や人工甘味料が使用されている場合もあります。

レモン炭酸水でダイエット効果を十分に得るためには、やはり手作りのレモン炭酸水がおすすめです。

レモン炭酸水のおすすめアレンジ

レモン炭酸水は簡単に作ることができますが、毎日同じものばかりだと飽きてしまうかもしれません。

そこで、レモン炭酸水にプラスしてダイエット・美容効果をアップすることができるおすすめ食材をご紹介します。

生姜

生姜には「ジンゲロール」「ショウガオール」という成分が含まれています。これらの成分は生姜特有のもので、血行を促進して代謝をアップしてくれます。

さらに、体温が上がることで冷え性の改善にも役立ちます。

また抗酸化作用もあり、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも効果が期待できます。

レモン炭酸水に加えるときは、生姜のしぼり汁やすりおろした生姜を加えてみましょう。

はちみつ

はちみつにはビタミンやミネラルが含まれています。

中でもビタミンB群が豊富で、糖質やアミノ酸などの代謝を促進し、肌荒れの予防・改善にも役立ちます。

また、はちみつにはオリゴ糖が含まれており、腸内細菌のエサとなって腸内環境を改善します。

腸内環境が整うと便通が良くなり老廃物が排出されるため、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの防止効果も期待できます。

ただし、はちみつは糖質の多い食材です。

ダイエット・美容に効果的ではありますが、食べ過ぎはカロリーオーバーにつながります。

レモン炭酸水に加えるはちみつの量は控えめにし、1日1~2回程度に抑えておくのが良いでしょう。

まとめ

炭酸水ダイエットの効果を高めてくれるレモン炭酸水の効果やおすすめアレンジをご紹介しました。

厳しい食事制限がなく手軽にはじめることができますが、やり方を間違えると逆効果になってしまう場合もあります。

レモン炭酸水ダイエットのポイントを抑えて、身体の中からキレイを目指しましょう!

<参考>

※1 からだのための食材大全 NHK出版 2018年第1刷発行 p157