筋トレをしている方、ダイエットをしている方が積極的に飲んでいるイメージがあるプロテイン。

しかし、プロテインを飲むと太る、と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

「え?マッチョが好き好んで摂取しているプロテインって太るの??」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

この記事ではその疑惑に関して解説していきたいと思います。

先に、結論から申し上げますと、プロテインのせいで太る、ということは絶対にありません。

プロテインを飲んだタイミングで太った場合、別の要因が必ずあります。今回は詳細にプロテインで太ったんじゃないか疑惑について解説していきます。

現役パーソナルトレーナーが自ら解説している記事ですので、安心して実践していただけたらと思います。

【結論】プロテインでは、太りません!

プロテインを飲むことで太ることはまず無いと考えてください。

プロテインはただの「タンパク質を摂取できる飲み物」です。

そのため、プロテインは太りやすい悪魔のドリンクだ、と決めつけるのは早計であり、誤った思考です。

しかし、実際にプロテインを飲んで太ったと感じた人も存在していますね。それはなぜなのでしょうか?

プロテインを飲むことで太ってしまう可能性や、ボディメイクを加速させるためにも有効なプロテインの飲み方を紹介します。

プロテインで太ると勘違いする2パターン

体重計に乗る女性

上記でプロテインを飲むことによって太ることはないとお伝えしましたが、とはいえプロテインを飲んで太った!と言う方も中にはいらっしゃいます。

プロテインが直接の原因で太る可能性はまずないのですが、この場合、2つのパターンに陥っている可能性があります。

1.増量用のプロテインを摂取しており、脂肪がついてしまっている
2.プロテイン以外の食事でカロリーオーバーしてしまっている

上記2つのパターンです。

増量用のプロテインを飲んでいる

プロテインの種類によっては糖質+タンパク質をミックスした増量用のプロテインも販売されています。

ダイエット目的でプロテインを買ったつもりが、誤って増量用プロテインを摂取シてしまっている場合は、悲しいですが逆に脂肪がついてしまうことになります。

この種類のプロテインだと筋肉はつきやすいですが脂肪もつきやすいので、初心者の方はお勧めできないです。

増量用のプロテインはアマゾンや楽天でも、『プロテイン 増量用』などと検索したらたくさん出てきます。是非興味がある方は探してみてください。

プロテイン以外の食事がハイカロリー

もう一つの可能性はプロテイン以外のそもそもの食事でカロリーオーバーを起こしているパターンです。

こちらのパターンが圧倒的に多いと思います。

プロテインが『筋肉がつくもの』『体型に大きく影響を及ぼすもの』というイメージがついてしまっているので安易に体型の原因に置きやすいですが、基本的には全体の食事と運動が自分の体型に大きな影響を及ぼします。

食べ過ぎて脂肪がつくのは当たり前です。

1つめは、増量用のプロテインを摂取しており、脂肪がついてしまっている

2つめは、プロテイン以外の食事でカロリーオーバーしてしまっている

この2つのパターンを回避したら、プロテインで太ることはありません。

プロテインは太るという勘違いはなぜ起こる?2つの原因

説明してきましたように、プロテインで太るということはありえません。

なのになぜプロテインは太るという勘違いが起こるのでしょうか?2つの原因が考えられます。

プロテインは特別な飲み物という思い込み

マッチョな芸能人やスタイルの良いモデルさんがプロテインを積極的に飲んでいるのを見て、「プロテイン=特別な飲み物」と思っている方は結構たくさんいます。

プロテインはただの栄養補助サプリであり、パウダー状になったタンパク質を飲み物に溶かしているだけのものです。

…なのですが、プロテインを飲んだことない方やよく分かっていない方は「プロテイン=身体に大きな変化を与える特別な飲み物」という印象を抱いてしまっているかもしれません。

そのため、プロテインを飲み始めたあとに体重が増えているのを確認すると、「プロテインを飲んだから太ったんだ!」と思ってしまうのでしょう。

雑な分析でプロテインのせいと決めつけてしまう

プロテイン以外の食事でカロリーオーバーして太っていたとしても、「昨日食べた白米の量が多かったから太ったんだ」など正確に分析できる方は少ないでしょう。

日々記録をつけて食事管理をしていない限りは体重増加の原因を分析するのは難しいと思います。

そのため、わかりやすい存在のプロテインに体重増加の原因をあてつけてしまうのではないでしょうか。

特にはじめてプロテインを飲んだ次の日に体重が変わっていたら、プロテインのせいと決めつけてしまう気持ちもわからなくはないですが…。

プロテイン=タンパク質補助サプリ

そもそもプロテインは単なる『タンパク質補助サプリ』です。

『プロテイン=タンパク質を補うアイテム』と思っていただいて大丈夫です。

タンパク質自体はお肉やお魚など様々な食事から摂取することができますが、カロリーが高かったりお肉は高脂質で栄養素が偏ったりしてしまいます。

「タンパク質を摂りたいけどお肉食べたらカロリーも脂質も1日の摂取量を超えてしまう…」

そんな時に、プロテインが役に立ちます。

プロテインは超効率よくタンパク質が摂れる!肉と比較

プロテインは100~120kcal程度でプロテインを15g摂取できるので、かなり便利です。

牛肉、豚肉、鶏肉と比較してもプロテインはかなり効率よくタンパク質を摂取できることがわかります。

牛肉豚肉鶏肉プロテイン
カロリー(1食分)371kcal386kcal200kcal102kcal
タンパク質(g)14.414.216.215
脂質(g)32.934.6140
炭水化物(g)0.20.1010.4

ちなみに上記のプロテインは、最近コンビニでよく見かける紙パックの「ザバスミルクプロテイン脂肪0 ミルク風味」の栄養素を引用しています。

最近ではプロテインの中にビタミンなど他の栄養素も入っている商品も多く出てきました。

それも、何が変わると言えば摂取できる栄養素の数が変わるというだけです。自分の生活や身体に合わせて摂取するものを変えていってください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NU Healthy Cafe Campbelltownさん(@nu_macarthursquare)がシェアした投稿

牛乳由来、大豆由来、牛肉、えんどう豆など様々な原材料で作られています。

その中でも多いのがホエイ、牛乳由来のプロテインが多く流通していますね。

ホエイプロテインは牛乳から脂質をなくし、パウダー状にしたものと考えてもらうとよいです。

プロテインを飲むベストタイミングは?起床時・就寝前・運動後

プロテインのおすすめの摂取タイミングは、起床時・就寝前・運動後です。

それぞれの理由は以下表にまとめております。

摂取のベストタイミングプロテインを摂ったほうが良い理由
・就寝前寝ている間の栄養素不足を防ぐため
・起床後寝ている間の栄養素不足を防ぐため
・運動後筋肉を回復させるため

詳しくは下記記事で解説しているため、気になる方はチェックしてくださいね。

まとめ

プロテイン=必須ではないですが、プロテインがあることによってかなり楽をする事が可能になります。

低脂肪高タンパクなものを選ぶ手間かはぶける、調理の時間がはぶける。

様々な行程をはぶくことができ、栄養素をしっかり摂取出来ることがプロテインが愛用されている理由ですね!

ボディメイクを円滑に進めるためにも、使い方を決めてチャレンジしてみるのも有りですね。