ダイエット中の食事管理

プロテインで太るって本当?原因は飲み過ぎ?女性が気をつけるべきことって?

皆さまは『プロテイン』に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。
恐らく「飲むと筋肉が付く」「ダイエット効果を促進する」といった良いイメージだけでなく、「飲むと太ってしまう」という悪いイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

実際に「プロテインを飲んで太ってしまった!」という声を聞くことがよくあります。
しかし結論から申し上げると正しい摂取の仕方をしていれば「プロテインを飲んだせいで太る」ということはありません。

ここではプロテインとは何なのか?正しいプロテインの摂取方法は?と、プロテインについて解説したいと思います。
現役パーソナルトレーナーが解説している記事ですので、安心してご覧ください。

プロテイン=タンパク質

まず知っておいて頂きたいのは【プロテイン=タンパク質】だということです。
その為、プロテインとはタンパク質を摂取したいときに飲むアイテムです。
まずはこの認識を持ってください。

そもそもタンパク質はなぜ必要?

日本人の食事摂取基準によると、1日に摂取が必要なたんぱく質は体重1kgに対し0.8kgです。体重が60kgの方は1日48kgのタンパク質の摂取が必要です。
何故なら人体の約20%はタンパク質で出来ているからです。
筋肉、内臓、皮膚などを健康に保つ為にも、タンパク質の摂取は必須です。

プロテインは効率よくタンパク質が摂取できる!

タンパク質の摂取がなぜ必要なのかご理解頂けたと思います。
タンパク質自体は、肉や魚など、様々な食材から摂取することができます。
しかし、食材からタンパク質を摂取しようとすると、脂質やカロリーも同時に摂取してしまいます。

「タンパク質を摂取したいけど脂質やカロリーは摂りたくない、、、。」
そんな時に役立つのがプロテインです。
どれだけプロテインがタンパク質の摂取に効率的なのか、牛肉、豚肉、鶏肉と栄養素を比較してみました。

牛肉豚肉鶏肉プロテイン
カロリー(1食分)371kcal386kcal200kcal102kcal
タンパク質(g)14.414.216.215
脂質(g)32.934.6140
炭水化物(g)0.20.1010.4

いかにプロテインが高タンパク質なのか、そして食事から摂取できるタンパク質が少ないかが一目瞭然です。

プロテインを飲んで太った方は何が原因?

では「プロテインを飲むと太る」という声はどこからあがってくるのでしょうか。
それは実際に「プロテインを飲むことで太る」ということがあるからです。
しかし、正しい摂取方法をしていればプロテインが原因で太ることはほぼありませんのでご安心ください。

プロテインを飲んで太ってしまった方は、以下のパターンに陥っている可能性があります。

1.増量用のプロテインを摂取している
2.プロテイン以外の食事でカロリーオーバーしている
3.プロテインの飲み過ぎ

脂肪が付く増量用のプロテインを摂取している。

プロテインと一括りにしてしまいがちですが、プロテインは目的に応じていくつかの種類に分かれております。
その例として「増量用プロテイン」です。
「増量用プロテイン」その名の通り、体重の増量をしたい方に適したプロテインです。
その為、<タンパク質+糖質>が含まれており、摂取することで脂肪がつきやすくなってしまいます。

プロテイン以外の食事でカロリーオーバーしている

プロテイン以外の食事でカロリーオーバーをしてしまっているというパターンです。
プロテインを飲んで太ったと感じる方の多くは、こちらのパターンに陥っております。
あくまでプロテインは「食事で補いきれないタンパク質を摂取する飲み物」です。
「運動をしてプロテインを飲んでいるから」といって食事量を増やしてしまうと、摂取カロリーが増えて太ってしまうのは当たり前です。

プロテインを飲みすぎる太ってしまった

体重計に乗る女性

プロテインは高タンパク質というだけであって、カロリーや脂質も含まれております。
その為、むやみやたらにプロテインの飲みすぎると、余分にカロリーを摂取してしまい太ってしまいます。

プロテインは飲んだほうが良い?

プロテインは飲んだほうが良い?という疑問を持っている方は多いと思います。
結論から言うと、食事でタンパク質を補えるのであれば飲まなくても良いです。
しかし、食材とプロテインでタンパク質量の比較を見て頂ければわかりますが、食事だけで1日のタンパク質を補うには、かなりの食事量が必要です。

筋トレをしていなくても飲んだほうが良い!

タンパク質は筋肉の作るのにも消費されますが、その他にも内臓や皮膚にも消費される栄養素です。
その為、タンパク質は筋トレをしていない方にも必須の栄養素です。
むしろ筋トレをしていない方は、1日のカロリー消費が少ない為、プロテインを利用して低カロリー高タンパク質を摂取するのがおすすめです。

女性がプロテインを飲むと太る?

女性は筋肉量が少ないためプロテインを飲むと太りやすいと思われがちです。
しかし女性だからといってプロテインで太りやすくなるということはありません。
むしろ女性は1日の消費カロリーが少ない為、プロテインを利用してタンパク質を摂取したほうが、太りにくいと言えます。

プロテインを飲むベストタイミングは?

プロテイン摂取のタイミングとしておすすめなのは起床時・就寝前・運動後です。
理由は以下の通りです。

摂取のベストタイミングプロテインを摂ったほうが良い理由
・就寝前寝ている間の栄養素不足を防ぐため
・起床後寝ている間の栄養素不足を防ぐため
・運動後筋肉を回復させるため

まとめ

プロテインは正しい認識で摂取することで、太るどころか太りづらい身体作りをすることができます。
目的に応じてプロテインを利用しながら、理想のボディメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
山岸 慎

山岸 慎

【経歴】 21歳(大学在学中)から独立。 フリーランスとしてパーソナルトレーナーに。 横浜と広尾の大手フィットネスジムで経験を積み、着実にお客様を増やしていく。 24歳の時に友人と共同経営で渋谷区松濤のパーソナルトレーニングジムを設立 25歳で個人でも会社を立ち上げる。 現在は渋谷区南平台町のSTUDIOKOMPASを経営。 【一言コメント】 渋谷区南平台町のトレーニングジムSTUDIO KOMPASの代表の山岸です。 「変わる」を後押しする情報を発信しています! 現在は芸能事務所、音楽事務所とも提携していて、多くのタレントさん、モデルさんのボディメイクに携わっています。 STUDIO KOMPAS 東京都渋谷区南平台町13-11 南平台WEST地下102 ■パーソナルトレーニング ■グループトレーニング → ボディメイク → 生活習慣のコンサルタント

おすすめ

1

本記事は、ダイエットのロードマップ、実践編です。理論編をまだお読みでない方は、先に理論編をお読みください。 ▼合わせてチェックしたい! ダイエット完全攻略手順・理論編|基本の2ステップ BODYFAT ...

2

「ケトジェニック って凄く効果がある」と聞くことも多いと思います。 ※ケトジェニックダイエットについてご存知ない方はこちらの記事を参考にしてください。簡単に言うと、「糖質制限を行うことによってケトン体 ...

3

BODYFAT30は、「体脂肪率30%前後の悩める女子のための応援メディア」です。 主にダイエット、ボディメイク、筋トレ、恋愛、仕事などの女性ならば誰もが気になるであろう関心事についてコンテンツを発信 ...

-ダイエット中の食事管理

© 2020 BODYFAT30