ボディメイク、ダイエット時のNo. 1サプリメント プロテイン

プロテインを飲むと太る、と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

この記事ではその疑惑に関して解説していきたいと思います。

現役パーソナルトレーナーが自ら解説している記事ですので、安心して実践していただけたらと思います。

【結論】プロテインでは、太りません!なぜプロテインで太ったと勘違いするの?

プロテインを飲むことで太ることはまず無いと考えてください。

プロテインの種類も沢山ありますし、プロテインを摂取する他皆様それぞれで前提条件に違いがあります。

プロテインを飲むことで太ってしまう可能性や、ボディメイクを加速させるためにも有効なプロテインの飲み方を紹介します。

『プロテインのせいで太った!』となっている人のパターン

上記でプロテインを飲むことによって太ることはないとお伝えしましたが、とはいえプロテインを飲んで太った!と言う方もいらっしゃいます。

プロテインが直接の原因で太る可能性はないのですが、上記のように『プロテインで太った!』と思ってしまう時には、2つのパターンに陥っている可能性があります。

1つめは、増量用のプロテインを摂取しており、脂肪がついてしまっている
2つめは、プロテイン以外の食事でカロリーオーバーしてしまっている

上記2つのパターンです。

プロテインのせいで太ったと勘違い?増量用のプロテインを摂取して脂肪がついてしまっているパターン

プロテインの種類によってはデキストリン(糖質)+タンパク質をミックスした増量用のプロテインも販売されています。

この種類のプロテインだと筋肉はつきやすいですが脂肪もつきやすいので、初心者の方はお勧めできないです。

増量用のプロテインはアマゾンや楽天でも、『プロテイン 増量用』などと検索したらたくさん出てきます。是非興味がある方は探してみてください。

今飲んでいるプロテインがもし増量用になっていて、自分にあっていないと感じている方は増量用以外のプロテインに変えることをおすすめします。

プロテインのせいで太ったと勘違い?そもそもプロテイン以外の食事でカロリーオーバー

もう一つの可能性はプロテイン以外のそもそもの食事でカロリーオーバーを起こしているパターンです。

こちらのパターンが圧倒的に多いと思います。

プロテインが『筋肉がつくもの』『体型に大きく影響を及ぼすもの』というイメージがついてしまっているので安易に体型の原因に置きやすいですが、基本的には全体の食事と運動が自分の体型に大きな影響を及ぼします。

食べ過ぎて脂肪がつくのは当たり前です。

1つめは、増量用のプロテインを摂取しており、脂肪がついてしまっている
2つめは、プロテイン以外の食事でカロリーオーバーしてしまっている

この2つのパターンを回避したら、プロテインで太ることはありません。

プロテインのおすすめの飲み方は?摂取のタイミングに注目!

プロテインのおすすめの摂取タイミングは、起床時・就寝前・運動後です。

睡眠中は、当たり前ですが何も食事を摂りませんよね。食事を摂っていないということは、栄養を摂っていないということです。しかし睡眠中も身体中のエネルギーと栄養は消費していくので、実は睡眠中は栄養不足になっていくんです。そのため、睡眠の前後(起床時と就寝前)は、睡眠中の栄養不足を補うためにプロテインを摂取することが適しています。(プロテイン=栄養素と思っていただけたらわかりやすいかと思います。)

また、運動も身体中のエネルギーと栄養を使いますので、栄養不足になりやすいです。なので運動後にもしっかり栄養不足を補うため、プロテインを飲むことは適しています。

このタイミングでプロテインを飲むことで、栄養不足を引き起こす事を未然に防ぐことができます。ダイエット時は栄養不足を引き起さずに、カロリー収支をマイナスにすることが必須です。カロリー収支をマイナスにすることばかりに目が行きがちな方も多いですが、実は栄養不足を起こさないことも同じくらい大切なのです。プロテインは、栄養不足を起こさないために活躍するアイテムになります。

なので上記3つのタイミングがおすすめの摂取ポイントになります。

 

※詳しくはこちらの記事を参照ください。

プロテイン摂取のベストタイミングは就寝前・起床後・トレーニング後?現役トレーナーが丁寧に解説!

また、プロテインを何に溶かして飲むか?という点ですが、下記の3点の飲み方があります。それぞれの特徴や注意点をよく読んで試してみてください。

水に溶かす水分量で味の濃さを調節するのもOK
牛乳に溶かす美味しくなる確率が高いのでおすすめ
スムージーなどに混ぜる糖質量に気を付けたらOK

そもそもプロテインとは?三大栄養素の一つ「タンパク質」です!

そもそもプロテインは単なる『タンパク質』です。

『プロテイン=摂取しづらいタンパク質を補うアイテム』と思っていただいて大丈夫です。

厳密に言うと、タンパク質は普段の食事でも摂取できるのですが、大体高脂質とセットになっている時がおおいので、そうなるとまた栄養のバランスが崩れるのです。なのでタンパク質をメインとして摂取できるプロテインが役に立つのです。

最近ではプロテインの中にビタミンなど他の栄養素も入っている商品も多く出てきました。それも、何が変わると言えば摂取できる栄養素の数が変わるというだけです。自分の生活や身体に合わせて摂取するものを変えていってください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NU Healthy Cafe Campbelltownさん(@nu_macarthursquare)がシェアした投稿

牛乳由来、大豆由来、牛肉、えんどう豆など様々な原材料で作られています。

その中でも多いのがホエイ、牛乳由来のプロテインが多く流通していますね。
ホエイプロテインは牛乳から脂質をなくし、パウダー状にしたものと考えてもらうとよいです。

なのでプロテイン=特別なもの!では無いことを理解してもらえると思います

プロテインがダイエットに向いている理由は?

トレーニング でボディメイク及びダイエットをしていく際、栄養摂取の中身を考えることは必須です。

いくら良いトレーニングをおこなっても、身体の材料である栄養素がなければ作ることができないのです。

  • トレーニング=作業員
  • 栄養素=材料

トレーニングと栄養が組み合わさって初めて身体が作り上げられます。

逆を言えば、トレーニングだけしていても、食事だけ気をつけていても体づくりは難しいという事です。

理想の食事:低脂質高タンパク→プロテインが活躍!

ボディメイクをする際栄養素のバランスに意識しなければなりません。

【ダイエットの栄養素のバランスに関してはこちらを参考にしてください。】

食材からタンパク質を摂取することはとても大切です。より多くの栄養素を摂取できる、そして一番大切な食事を楽しむということができるからです。

ただ食材だけで目的の栄養摂取を目指すときに、ぶち当たる壁が「高脂質」

タンパク質を多く摂取しようとするときにどうしても脂質もセットになってくることが多く、過度に脂質を摂取してしまう機会が増えます。

そんな時に一番役に立つのが【プロテイン】なのです。

まとめ

プロテイン=必須ではないですが、プロテインがあることによってかなり楽をする事が可能になります。

低脂肪高タンパクなものを選ぶ手間かはぶける、調理の時間がはぶける。

様々な行程をはぶくことができ、栄養素をしっかり摂取出来ることがプロテインが愛用されている理由ですね!

ボディメイクを円滑に進めるためにも、使い方を決めてチャレンジしてみるのも有りですね。