ダイエットの理論

生理後は痩せやすい?食欲と浮腫みが落ち着くので痩せやすいと感じる!現役トレーナーが解説

生理後は痩せやすいとよく聞きますよね。

ダイエットは様々なホルモンの働きを利用して行うものなので、女性特有のホルモンの働きを理解する事でストレスを軽減しながらダイエット・ボディメイク をすることができます。

生理後は痩せやすいと言われているけれど実際はどうなのか?

結論、生理後は過去の実験やデータからホルモンの働き的には痩せやすいと言えます。

しかし、年間1500人の指導をしている現役パーソナルトレーナーの僕から言わせると、生理後だからといって特段痩せやすい身体になる、ということはありません。

これはデータとはまた違う、個人が指導してきて感じた見解です。

また、多くの人が生理後は痩せたと感じやすい理由は、以下の2点によるものと思います。

  • 生理後は浮腫みが落ち着くため、ボディラインがほっそりして見える
  • 生理後は食欲が落ち着くため、食事制限しやすくなる

参考論文https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi1941/58/6/58_6_261/_pdf/-char/ja

生理後は本当に痩せやすいって本当?

生理後は痩せやすい環境になります。

それはよく言われる、エストロゲンとプロゲステロン(性ホルモン)による物だけではなく、他のホルモンとの複合的な働きにより「痩せやすい」と言えます。

そしてその痩せやすさとは「食欲」と関係があります。

脂肪量の増減は消費カロリーと摂取カロリーの収支に依存します。

余分に食べれば太る、消費カロリーが上回れば痩せる、誰もがイメージしやすいと思います。

生理前後での食欲と痩せやすさの関係を理解を深めると生理後に痩せ易いと言われる理由が分かります。

「生理後は痩せやすくなる」と言われるメカニズムとは?

ホルモンの働きで食欲に変化が起きます。生理前後で食欲に差が出る事は多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

このホルモンによる食欲の増減を利用する事で痩せやすくなるという事です。

エストロゲンの働きが痩せやすい体を作ると言われている

女性ホルモンの代表がエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

エストロゲンは脂肪のエネルギー代謝を促す働きがあります。この働きを利用してダイエットに拍車をかけるとよく言われています。

実際にエストロゲンの分泌量が低下してきている40~50代の方が今までよりも太りやすくなったと感じるのは、このホルモンの働きも関与している事が考えられます。

生理後痩せやすい理由

エストロゲン…痩せやすいと言われる
(低温期→高温期=エストロゲン)
プロゲステロン…溜め込みやすいと言われる
(高温期真っ只中=プロゲステロン)

生理後は食欲が落ち着くから痩せやすいと感じる

画像引用 https://192abc.com/55173

エストロゲンの分泌とレプチンの分泌が相関します。

エストロゲンは脂肪細胞に働きかけ、脂肪細胞から分泌されます。

レプチンは満腹中枢を刺激し、無駄な食欲を抑えます。

月経終了後からエストロゲンの濃度が上昇するように、生理後から無駄な食欲が抑えられるわけです。

無駄な食欲がないという事は、無駄なカロリー収支をなくす事ができる。=ダイエットし易いという事です。

むくみがとれるから

月経前にはプロゲステロン濃度が上昇します。

プロゲステロンは水分を身体に溜め込む働きが強くなります。

なので生理前に浮腫むという現象が起きます。生理後はその浮腫も抜けやすくなります。その為に生理後は浮腫が抜け「痩せた!」という感覚になるということです

生理中の食欲が止まらない時はどうすればいい?

ホルモンの関係もあるので、食欲が出てしまうのは仕方ないこと。ただ、食欲があるから何を食べてもいいというわけではありません。この時に何を食べるか?が大切です。

生理中に食欲がました際に食べるべきものについてご紹介していきます。

高脂質なものは避ける

高脂質はハイカロリーです。お菓子には脂質が多く含まれる事が多いので気をつけましょう。

甘いものを食べたくなったら羊羹・どら焼きがお勧めです。

羊羹やどら焼きは脂質が少ないので、そうしたものを選びましょう。

高タンパクを食べる

高タンパクなものを選びましょう。

不足しやすい栄養素であるのと共に、タンパク質は消化の際にエネルギーを使います。

栄養素を取れて、さらにエネルギーを使えるなんてお得ですね!

卵、脂身が少ないお肉、魚 がお勧めです。

ステーキ屋さんや定食屋さんでこれらがメインのご飯を食べましょう!

具体的な量ですが、お肉や魚は手のひら位の量を食べましょう。

必要栄養素が大まかに摂取できます。

まとめ

  • 性ホルモンの周期により、生理後は痩せやすいと言われています。
  • 今までの経験からそこが極端に痩せやすいかと言われればそうでもありません。
  • 実際は食欲が減退しない事で摂取カロリーが増える事(高温期・生理前)から生理後食欲が通常状態に戻る事で、痩せやすいとイメージつけていると思います。

生理後は痩せやすい環境になります。

けれど皆さんがイメージしているような「生理後だから1キロ痩せる!」のように無敵状態という訳ではなく、浮腫が落ち着く・過剰になった食欲が落ち着くといった状態です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
山岸 慎

山岸 慎

【経歴】 21歳(大学在学中)から独立。 フリーランスとしてパーソナルトレーナーに。 横浜と広尾の大手フィットネスジムで経験を積み、着実にお客様を増やしていく。 24歳の時に友人と共同経営で渋谷区松濤のパーソナルトレーニングジムを設立 25歳で個人でも会社を立ち上げる。 現在は渋谷区南平台町のSTUDIOKOMPASを経営。 【一言コメント】 渋谷区南平台町のトレーニングジムSTUDIO KOMPASの代表の山岸です。 「変わる」を後押しする情報を発信しています! 現在は芸能事務所、音楽事務所とも提携していて、多くのタレントさん、モデルさんのボディメイクに携わっています。 STUDIO KOMPAS 東京都渋谷区南平台町13-11 南平台WEST地下102 ■パーソナルトレーニング ■グループトレーニング → ボディメイク → 生活習慣のコンサルタント

おすすめ

1

本記事は、ダイエットのロードマップ、実践編です。理論編をまだお読みでない方は、先に理論編をお読みください。 ▼合わせてチェックしたい! ダイエット完全攻略手順・理論編|基本の2ステップ BODYFAT ...

2

「ケトジェニック って凄く効果がある」と聞くことも多いと思います。 ※ケトジェニックダイエットについてご存知ない方はこちらの記事を参考にしてください。簡単に言うと、「糖質制限を行うことによってケトン体 ...

3

BODYFAT30は、「体脂肪率30%前後の悩める女子のための応援メディア」です。 主にダイエット、ボディメイク、筋トレ、恋愛、仕事などの女性ならば誰もが気になるであろう関心事についてコンテンツを発信 ...

-ダイエットの理論

© 2020 BODYFAT30