内ももの脂肪を落とす方法はたった2つ!コンディショニングトレーニングで理想の内ももを手に入れよう

太ももと太ももの間の理想の隙間。欲しいですよね。

https://twitter.com/PURPLE19265069/status/1143052983241826305

最近はむっちりした女性が好きな男性も増えてきましたが、女性の気持ちとしてはやはり細く美しい自分でいたいと思いますよね。

本記事はこのような方に向けて書いてます 。

  • 内ももの脂肪が気になる方
  • 内ももの脂肪を落とし方が知りたい方したい方

気になる部位で上位にランクインする内もも。どのようにボディメイクを行なっていくべきか方法を解説していきたいと思います。

現役パーソナルトレーナーが自ら執筆している記事ですので、信頼していただければと思います。

内ももの脂肪を落とす方法は体脂肪量を減らし、内股の運動量を増やすこと!

内ももの脂肪を落とす方法は2つあります。

1つ目は脂肪量を減らすこと、2つ目は内股の運動量を増やすことです。

1つ目に関しまして、全身の体脂肪量を減らすことで、内ももの脂肪を落とすことができます。逆を言えば、体脂肪量を減らさずに内ももの脂肪を落とすのは難しいと言うことです。

体脂肪量を落とすためには、運動量の見直し、食生活の見直しが必要です。

内ももの脂肪を落とすために2つ目にやるべきことは、内股の運動量を増やすことです。

運動量の低い筋肉の周りには、脂肪がつきやすいです。内ももは運動量が少なくなりやすく、中々筋肉を使うことが難しい部位となってきます。

そもそも内もものはどのようなときに、活動しているか?

内股の筋肉は歩行時、常に活動しています。ならば、内ももの運動量を増やすにはよく歩けばいいのか?と言うことになりますが、股関節周りの筋肉が適切に働いていないと、歩いていても内股がうまく活動せず他の筋肉ばかり活動させて歩行することになっています。

その結果内ももには脂肪がつき、他の筋肉が過剰に発達し筋肉が張っているところ=結果太くなってしまう。というような流れになります。

股関節周りの筋肉及び内ももの筋肉を正常に働かせることは必要不可欠です。

内ももの筋肉がうまく活動できていないとは?

内ももの筋肉は、内転筋と言う筋肉です。

内転筋と言う筋肉は、筋肉の名前の通り内転という動作をメインにする筋肉です。

動作には必ず相反する動作をする筋肉が必ずあります。内転と相反する動きをするのは、外転という動作です。

この外転と言う動作をメインでする筋肉は、中臀筋という筋肉です。

股関節外転

中臀筋と内転筋は互いがバランスをとりあいながら活動します。歩行時に中臀筋と内転筋がうまく活動せずに、歩行するような歩き方があります。

これをトレンデレンブルグ徴候といいモンローウォークとも言われています。腰を左右に振りながら歩く歩行方法です。

この投稿をInstagramで見る

Fu Ton Miniphysio

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする