TVや雑誌、広告などで「〇〇すると太る!」「〇〇すると痩せる!」「〇〇は食べても痩せる!」など、様々な都市伝説的ダイエット情報が流れていますよね。

理論で考えると、そんなはずない!と気づきそうですが、実際には「これだけで痩せるなら最高じゃん!」と淡い期待を抱いて信じてしまうものです。

今回は、都市伝説的ダイエットの情報に踊らされないよう、よくあるダイエットの都市伝説を現役パーソナルトレーナーの僕がばったばった切っていきます。

この記事を読めば、ダイエットの理論が見えてきて、今後の食生活、体型維持に役立つ感覚が身に付きますので参考なさってください。

ダイエット都市伝説①1日1食は太る?→1食の量によります!

まず、1つ目にとりあげる都市伝説は「1日1食は太る!」という都市伝説です。

これは、1日1食しか食べないと、1食食べた際の吸収が半端なくなってしまい太る、という発想の都市伝説ですね。答えは、「1食の量によります。」です。最初に言っておきますが、1日1食ダイエットはおすすめしません。しかし、そのおすすめできないという意味は、太るからではなく、「栄養バランスが悪くなり、肌荒れや体調不良に繋がるから」です!

こちらの記事で詳しい解説をしています。上記と同様の内容を書いています。ざっくり要約しますと、1日1食でも、その1食がカロリー高すぎたら太りますよ!しかも栄養バランスが悪くなって肌荒れなど起しますよ!というお話をしています。

1日1食ダイエットはおすすめできません!やるなら完璧なカロリーコントロールと栄養管理をしてください!

ダイエット都市伝説②プロテインを食べると太る?→太りません!

プロテインは筋トレの強い味方、というイメージがありますが、なぜかプロテインを食べると太るという噂がまん延しています。

プロテインは、ただのタンパク質を摂取するための、飲み物です。太る成分も、何も入っていません。日ごろの食事でカロリーを抑えて摂取しづらい”タンパク質”を補える飲み物、それがプロテインです。太ったとしたらプロテインという飲み物のせいではなく、カロリーオーバーのせいです。こちらの記事で、詳しく解説しています。

要約しますと、プロテインで太る原因は①増量用プロテインを飲んでいる②プロテイン以外を食べすぎてカロリーオーバーしている の2つである、と解説しています。

プロテインで太る事は無い?理由とおすすめの飲み方を現役トレーナーが解説!

ダイエット都市伝説③朝は体脂肪率が高い?→高いです!

朝は体脂肪率が高い?という噂です。これは、本当です!高くなる傾向があります。これには水分が大きく関わっています。朝は、睡眠中の発汗などが原因で水分量が少なくなっています。体組成計の体脂肪率の測定結果は、この水分量(体水分量)に大きく左右されます。

なぜなら、筋肉は水分を多く含む性質があるからです。この性質を利用して、体脂肪率は測られています。体組成計から微弱な電気を流し、電気の流れやすさを測定し、体脂肪率を測定しています。水分は電気を通す性質があるので、水分量が少ないと電気が通りにくくなります。結果、脂肪が多いと判断され、体脂肪率が高くなってしまうのです。

上記の説明に加え、こちらの記事では体脂肪率に左右されず、体脂肪量も気にして!ということをとりあげています。正しく自分の体型を把握することができますので、是非参考にしてください。

体脂肪率が朝高い理由を解説【体脂肪量も気にしてください!】

ダイエット都市伝説④お米を食べると太る?太りません!

糖質制限ダイエットの流行により、「お米=炭水化物=太る食べ物」というイメージが世間に浸透してしまいました。

全くそんなことはありません!炭水化物とは、食物繊維+糖質のことですが、摂取することによって便秘解消や体力回復に役立ちます。お米は栄養摂取には欠かせない要素です。お米を食べながらカロリーコントロールをすると、痩せることも容易いです。

運動しながら痩せたい、という人はむしろお米を摂取したほうが良いでしょう。こちらの記事では具体的にお米を食べながら痩せるカロリーの計算方法を解説しています。

『お米は太る』は大きな間違い?!太る理由はカロリーオーバー!現役トレーナーが丁寧に解説!

ダイエット都市伝説⑤コンビニ食は太る?太りません!物によります!

「コンビニは食品添加物がたくさん入っているから太る」という支離滅裂な噂もあります。太る原因は、ただ一つカロリーオーバー(消費カロリーより摂取カロリーが多いこと)です。なので食品添加物は関係ありません。

しかし、コンビニ食はカロリーが高くなってしまう傾向は確かにあります。なので、きちんと食べる食品は選ばなければいけません。こちらの記事では実際にダイエット時におすすめできるコンビニ食をご紹介しています。今ダイエットしている!という方必見のコンビニ食9選を紹介していますので、参考にしてコンビニ食ダイエットしてください。

 ダイエット時の食事…コンビニ食のおすすめ商品は?献立メニューは?

噂や都市伝説に惑わされないためには?理論をしっかり見つめよう

噂や都市伝説を鵜呑みにしていると、自分の中に凝り固まった間違えた価値観が出来てしまい、極端なダイエットをしてしまう危険性があります。例えば、ファスティング。

ユーチューバーの間で『お嬢様酵素ジュエル』というファスティングダイエットの案件動画が一時期流行りましたが、広告動画なのにすべてを鵜呑みにして、「断食っていいんだ!」と思ってしまう人も多かったはずです。

しかし、理論を考えれば分かるはず。ファスティングで痩せるのは、身体の水分量が抜けるからです。続けてしまうと栄養不足、ストレス、肌荒れを引き起し、脳が「このままじゃ死んでしまう!たくさん栄養を取らないと!」と指令をだし、急な食欲に襲われ、リバウンドしてしまいます。

なぜ痩せるのか?なぜ太るのか?ここをしっかり考えて噂になっているダイエットを見つめましょう。基本的には①カロリー管理をしていて②栄養バランスが「タンパク質→20%、脂質→40%、炭水化物→20%」でとれていて、③しっかり運動するダイエットは信頼がおけます。

そうじゃない、「〇〇するだけで痩せる!」「脂肪が溶ける!」などの文言はメディアの話題作りか、広告の可能性が高いです。ダイエットを理解するリテラシーをしっかりもちましょう。

まとめ

今後はダイエットの都市伝説的噂を聞いた場合には、きちんと理論を知るようにしましょう。そうすることによって身につけた知識を、ダイエットの仕組みの理解も深まり、自分自身の体型維持・ボディメイクに役立てることができます。

理論や理屈を理解するのがめんどい!難しい!と思う方は、まずカロリー収支=体重の増減とだけ覚えておけばOKです。