ダイエット中の食事管理

ビタミンBがダイエットに効果的である理由とは?脂肪燃焼に役立つ食材のご紹介

今回はダイエットにはかかせないビタミンBについてです。

  1. ビタミンBを摂ることがなぜダイエットにいいのか
  2. ビタミンBをどうやって摂るのか
  3. ビタミンB1ビタミンB2以外で必要なビタミン
  4. まとめ

の順番です。

皆様が理想な身体に一歩でも近づけるようぜひ参考にしてみて下さい。

ビタミンBがなぜダイエットに効果的なのか?脂肪燃焼効果があるから!

ダイエットを始めている皆様、これからダイエットに取り組もうと意気込んでいる皆様!

ビタミンBがダイエットに効果的なのを知っていますか?

それはビタミンBが脂肪を燃焼させてくれるからです。

ビタミンB群は

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

の8種類あり、その中でもビタミンB1とビタミンB2が糖質と脂肪の代謝を促進してくれます。

糖質と脂肪の代謝を促進とは、すなわち体脂肪が燃焼されやすく身体の脂肪が落ちるということです。

例えばビタミンBを全く摂らない食事をしている人とビタミンBをしっかり摂る食事をする人が同じ食事をしたとしても、

ビタミンBを摂っている人は体脂肪が蓄積されにくいのに対して、

ビタミンBを全く摂らない人は脂肪の燃焼を促してくれない為、体内に体脂肪として蓄積されやすいです。

これが原因でダイエットに気を遣ってもあまり体脂肪率の変化がない方などが見受けられます。

ダイエット中の方やこれから取り組む方もぜひビタミンB群をしっかり摂るようにしましょう。

1日の摂取量目安

糖質の代謝を助けるビタミンB1
 →20代~40代女性の方…1.1mg

脂肪の代謝を助けるビタミンB2
 →20代~40代女性の方…1.2mg

またビタミンB群は水溶性のビタミンのため、過剰摂取をしたとしても尿として排泄されるため過剰摂取による体内への心配はないです。

これらの事からビタミンBをしっかり摂るようにしてビタミンBに脂肪をより燃やしてもらいましょう!!!

ビタミンBの摂り方

前の章でビタミンBをなぜ摂るのがいいのか、どれくらい摂ればいいのか学びました。

次はそのビタミンBをどうやって摂取するのかです。

ビタミンB群をはじめその他のビタミンのほとんどを毎日の食事から摂取しています。

色んな食品の中からビタミンB群を多く含んでいるのはどんな食品かみて行きましょう。

ビタミンB1…豚ヒレ肉

糖質を燃焼させてくれるビタミンB1を多く含んでいるのが豚肉になります。

豚肉の中でも脂質が少ない豚ヒレがおすすめです。

ダイエット中に豚肉をとることに抵抗がある方は豚肉よりは劣りますが玄米や枝豆、カツオ、豆腐などもビタミンB1を多く含んでいるのでおすすめの食品になります。

ビタミンB2…魚・卵・乳製品

脂質を燃焼させてくれるビタミンB2を多く含んでいるのが魚や卵、乳製品です。

ぶりやさわら、牛乳、ほうれん草、モロヘイヤなどが多く含んでいておすすめの食品になります。

ダイエット中にビタミンBを摂るためにおすすめの食材

ダイエットをしながらビタミンBを手っ取り早くとるために私がおすすめなのは豆類です。

落花生でもいいですし枝豆や納豆などでも大丈夫です。

豆類は

  • カロリーが低い
  • タンパク質も摂れる
  • ビタミンB群もしっかりと入っている

ため、ダイエットをしている方はもちろんビタミン不足の方にもぜひ食べてほしい食材です。

ビタミンB群は主にお肉、お魚、野菜、乳製品など幅広く入っているので肝心なのは一つの食材に偏らずに満遍なく食べることが出来ればビタミンB群をしっかり摂ることができます。

それでも食事を制限していて食べれない方やビタミンB群の摂取量が足りない方はビタミンのサプリメントを摂ることで補えます。

前の章にも書きましたが摂りすぎでおきる身体への弊害はありませんのでしっかりビタミンを摂るようにしましょう。

ビタミンB1ビタミンB2以外にも必要なビタミン

この章では脂肪燃焼で特に大切なのはビタミンBですが、それ以外にも必要なビタミンをみていきます。

ビタミンC…脂肪燃焼をサポート

ビタミンCが不足していると脂肪燃焼を促す運搬役の機能が弱くなってしまい脂肪燃焼の効果が弱くなってしまいます。

ビタミンCは果物(オレンジやグレープフルーツなど)や野菜(ピーマン、ブロッコリー)などで摂れます。

ビタミンB6…体内でタンパク質をつくる働きを補助

主に大事なのはビタミンB1、ビタミンB2ですが

ビタミンB6もダイエットの上でかかせないビタミンです。

ビタミンB6は食物から摂ったタンパク質を身体のタンパク質に作り替えるときに働きます。

ビタミンB6を摂らないとタンパク質つくる働きが弱くなるため代謝があがらず脂肪燃焼の効果に影響してきます。

ビタミンB6は魚類(カツオ、マグロ)や肉類(レバーなど)などで摂ることができます。

ビタミンB1ビタミンB2はもちろんのことここにあげたビタミンC、ビタミンB6もダイエットに欠かせない役割を担っているのでバランスよく摂取できるように工夫しましょう。

まとめ:ビタミンBを摂って健康的に痩せよう

【実録】アラサー女がダイエットを1ヶ月正しいやり方で行った結果【体脂肪率-2%】

そもそも皆様はダイエットをなぜしますか?

理想な身体になりたい、体脂肪を落としたい、体重を落として身体の機能性をあげたい他にもたくさんの理由があると思います。

その中で大事なのが心身共に健康的に痩せられるということです。

その最も効率の良いダイエット法がしっかり身体を動かして、食事を食べて、休むというサイクルを崩さないことです。

今回のビタミンBの特集についてもこのサイクルの中の食事の部分です。

あくまで運動や休息も行いながらやる事で効果がより強く出てきます。

何も食べないで痩せるということは我慢すればできるかもしれません。

ただ身体にはそれだけストレスになります。筋肉も落ち皮膚がたるみ誰もが憧れるような身体とは到底いえないでしょう。

体重に捉われず体脂肪率を気にしながら運動と食事と休息この3つどれも怠らないからこそ健康で理想的な身体というものが出来上がります。

今回食事のビタミンBにフォーカスをあててみましたが、どれもダイエットやボディメイクをしていく上で大事になってきますので、ぜひ皆様も参考にして理想な身体に一歩ずつ近づいて行きましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
伊藤太一

ito

【経歴】 大手スポーツクラブでトレーナーとして学生からご年配の方まで幅広いお客様を持ち活動中。 トレーナーとして活動する傍ら自身もボディメイクの大会ベストボディジャパンに出場。2019年度宇都宮大会ファイナリスト、関東大会5位の実績がある。 【一言】 渋谷区南平台町のトレーニングジムSTUDIO KOMPASの伊藤太一です。 トレーニングを通じて身体を動かす事の素晴らしさや楽しさを伝えていきます!

おすすめ

1

本記事は、ダイエットのロードマップ、実践編です。理論編をまだお読みでない方は、先に理論編をお読みください。 ▼合わせてチェックしたい! ダイエット完全攻略手順・理論編|基本の2ステップ BODYFAT ...

2

管理栄養士のひとこと産後太りをして中々体型が戻らない私が、今回BF30の山岸さんの記事を参考に1カ月間ダイエットをしました! 今回、現役管理栄養士でありながら中々自分の食事管理が出来ていなかった私が、 ...

3

「ケトジェニック って凄く効果がある」と聞くことも多いと思います。 ※ケトジェニックダイエットについてご存知ない方はこちらの記事を参考にしてください。簡単に言うと、「糖質制限を行うことによってケトン体 ...

4

BODYFAT30は、「体脂肪率30%前後の悩める女子のための応援メディア」です。 主にダイエット、ボディメイク、筋トレ、恋愛、仕事などの女性ならば誰もが気になるであろう関心事についてコンテンツを発信 ...

-ダイエット中の食事管理

© 2020 BODYFAT30