ダイエット方法

炭水化物抜きのダイエットのデメリットは?炭水化物摂りながら-10kgは可能です

ダイエットやボディメイクにおいて炭水化物はどのようなイメージを持たれるでしょうか?

炭水化物は太るもの…
炭水化物は脂肪になるもの…

たしかに、摂取量を間違えればそうなるでしょう。

しかし、健康的に痩せて行く身体を引き締めて行く人にとって炭水化物を摂るということが非常に大事になります。

皆様が求める理想な身体に一歩でも近づくために是非この記事を読んでみてください。

この記事では、

  • 炭水化物抜きのデメリット
  • 炭水化物から得られる恩恵
  • 炭水化物を摂りながら痩せるための方法
  • 炭水化物の摂取するべき種類

について述べていきます。

ダイエツ子
炭水化物我慢しなくても痩せたい!

そんなことを思っている方にピッタリの記事ですので、是非参考にして実践してくださいね。

炭水化物抜きダイエットのデメリットとは?とにかく不健康なダイエット

1.糖分を欲してストレスが溜まる

炭水化物を摂らないと、米や麺類はもちろんのことケーキやお菓子などの糖質もカットするということになります。

糖質はとても中毒性があり我慢するのがとても辛く、我慢しすぎるとダイエット中にストレスが溜まります。

そしてリバウンドや食べてしまった事の罪悪感から、精神的に病むなど糖分を完全カットはダイエットをする上でとても辛いものです。

ストレスを溜め込まずに痩せるためにも糖質を摂りながら痩せていくことを覚えていきましょう

2.風邪気味になる

身体にとってバランスの良い食事の取り方はタンパク質、脂質、糖質が満遍なく摂れるような定食のような食事です!

しかし炭水化物抜きという事はホルモンバランスが乱れ頭痛や吐き気などの風邪のような症状がでてもおかしくないです。

身体にとって食事でストレスをかけないためにも炭水化物は摂取しましょう!

3.便秘になりやすい

炭水化物は糖質と食物繊維の合計で表されます。

炭水化物を抜くと食物繊維が減ります。その上脂肪やタンパク質の量が増えます。

そうなると身体が不快感をうみホルモンバランスが乱れて便秘になる方も少なくないでしょう。

便秘になってしまうと肌荒れや自律神経の乱れなど身体にストレスをかけてしまいます。そうならないためにも炭水化物は摂りましょう。

4.疲労感が増す、抜けない

炭水化物はグリコーゲンという形で身体に蓄えられます。

これが脳のエネルギー源になります。炭水化物がカットされてしまうと脳に充分な栄養が行き渡らないためめまいや疲労感が増す原因になります。

特にトレーニングやスポーツ、エクササイズをやっている方は影響を受けやすいので炭水化物を摂るようにしましょう。

炭水化物の働きを知ると、デメリットの理由がわかる!炭水化物の働きを理解しよう!

そもそも炭水化物ってなに?

炭水化物とは

糖質と食物繊維、この2つの栄養素を複合した総称を言います。

糖質は身体を動かすエネルギーです。車を動かすガソリンです。ガス欠を起こさないようにする為にも、炭水化物をしっかり摂りたいですね!

【-10kgの体験談】炭水化物を食べながら痩せれました

前の章では炭水化物を抜くことで生じるデメリットについて書き出しましたが

次は実際に炭水化物を取りながら10キロ近く痩せた僕の体験談を書き出したいと思います。

まず痩せるためには摂取カロリーよりも消費カロリーが上回る必要があります。

そこで1日の大体平均のカロリーをどれくらい摂るのか試しに一度調べてみてください。

その摂取カロリーが自分の体重にどう影響を与えているのか(増えているのか、痩せているのか、キープしているのか)体重を測ってみてください。体重が上がるならカロリーを減らしていきましょう。

ここで大体自分に必要なカロリーというのが分かります。

次はその摂取するカロリーの内訳をしっかりとしていくことが大事になります。

タンパク質:脂質:炭水化物=2:3:5がダイエットにおいて黄金比率と呼ばれています。

つまり1日の食事の4割を炭水化物で補う必要があります。

タンパク質はプロテインなどで手軽に摂ることが可能ですが、炭水化物はそうはいきません。しっかりと白米や玄米を摂ることを意識しましょう。

私はボディメイクの大会の為の減量だったため脂質をこの黄金比率の数値よりさらに減らしていましたが、炭水化物の量はむしろ増やしました。

その結果体重74キロあったのが半年かけて62キロまで落とし込むことに成功しました。

まとめ

今回は炭水化物を摂りながらダイエットをできるということを伝えていきました。

私からすると炭水化物というのは太るものではなくむしろ代謝を促進させて脂肪燃焼を促すダイエットの手助けをしてくれる栄養だと考えています。

もちろん過剰摂取は太ります。

1日で摂るタンパク質の不足は気をつけましょう。

信用できない方は騙されたと思ってまずは3日でいいのでやってみてください。

身体を健康的に痩せていくことができますよ!皆さんも始められることからぜひ実践してみて下さい!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
伊藤太一

ito

【経歴】 大手スポーツクラブでトレーナーとして学生からご年配の方まで幅広いお客様を持ち活動中。 トレーナーとして活動する傍ら自身もボディメイクの大会ベストボディジャパンに出場。2019年度宇都宮大会ファイナリスト、関東大会5位の実績がある。 【一言】 渋谷区南平台町のトレーニングジムSTUDIO KOMPASの伊藤太一です。 トレーニングを通じて身体を動かす事の素晴らしさや楽しさを伝えていきます!

おすすめ

1

本記事は、ダイエットのロードマップ、実践編です。理論編をまだお読みでない方は、先に理論編をお読みください。 ▼合わせてチェックしたい! ダイエット完全攻略手順・理論編|基本の2ステップ BODYFAT ...

2

管理栄養士のひとこと産後太りをして中々体型が戻らない私が、今回BF30の山岸さんの記事を参考に1カ月間ダイエットをしました! 今回、現役管理栄養士でありながら中々自分の食事管理が出来ていなかった私が、 ...

3

「ケトジェニック って凄く効果がある」と聞くことも多いと思います。 ※ケトジェニックダイエットについてご存知ない方はこちらの記事を参考にしてください。簡単に言うと、「糖質制限を行うことによってケトン体 ...

4

BODYFAT30は、「体脂肪率30%前後の悩める女子のための応援メディア」です。 主にダイエット、ボディメイク、筋トレ、恋愛、仕事などの女性ならば誰もが気になるであろう関心事についてコンテンツを発信 ...

-ダイエット方法

© 2020 BODYFAT30